税理士や弁護士の利用法|専門的見地からビシッと問題解決

利用するための費用

税理士のアドバイスはいくらかかるのか

woman

確定申告や相続など、税が関わることを処理するためには、税理士の力を借りることが最善です。しかし、税理士に相談するとどの程度の報酬がかかるのでしょうか。企業や個人事業主が顧問として長期の契約をした場合には年商と訪問する回数によって報酬は異なるのです。年商が1000万円から3000万円の間であれば、隔月訪問でおよそ月額2万円かとされているのです。また、年商が3000万円から1億円までの間であれば毎月訪問でおよそ月額3万円からというのが目安です。もしも訪問回数が減らしたならば、その分税理士の手間も減るので報酬は安くなるのです。では、相続のように短期間だけの依頼はどうなるのか、というと相続した財産の評価額が基準となるのです。財産評価0.5パーセントから1パーセントが税理士の報酬と言われているのです。ただ最近は税理士同士の競争が激しくなっているので、報酬は若干低くなっていると言われているのです。もし税理士に依頼するときには、無料見積もりなどで複数の事務所を比較検討するべきです。

税金の問題を解決するのが仕事

税理士は個人事業主や中小企業の税金処理をサポートすることが仕事です。税理士になるためには、年に1回行われる税理士試験に合格することや、弁護士や公認会計士の資格保有者であることが挙げられるのです。他の士業では、該当する資格試験の合格者がほとんどですが、税理士の場合には半数以上が試験を免除された人という特長を持つのです。その仕事は、主に税金の申告などを代行して行う『税務処理』、税務署に提出するための書類を作成する『税務書類』、自治体が付き1度に行う無料相談や確定申告の時期に税務署で行う相談に対応する『税務相談』です。また企業と顧問契約を結んでいる場合には、財務状況を詳しく把握しているので、経営についてアドバイスをすることもあるのです。